Sony

ニュース

北京青年報など中国メディアによると、北京市は今年(2018年)、公園や緑地帯の樹木を荒らす害虫の天敵を、過去最大の6億5000万匹放出し被害を軽減する。関係者は天敵利用を「生物兵器」と表現した。

写真拡大

北京青年報など中国メディアによると、北京市は今年(2018年)、公園や緑地帯の樹木を荒らす害虫の天敵を、過去最大の6億5000万匹放出し被害を軽減する。関係者は天敵利用を「生物兵器」と表現した。

北京青年報など中国メディアによると、北京市は今年(2018年)、公園や緑地帯の樹木を荒らす害虫の天敵を、過去最大の6億5000万匹放出し被害を軽減する。関係者は天敵利用を「生物兵器」と表現した。

北京市では、公園などの樹木を荒らす害虫駆除のために、すでに天敵の放出が主要な方法になっている。2018年には、頤和園、天壇公園、中山公園、景山公園など、古木の多い公園を中心に過去最大の6億5000万匹を放出する。

放出される天敵は10種類以上あるが、最も多いのはサ...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真