Sony

ニュース

「ラザロの旅」の原稿(東京都葛飾区立中央図書館で)

写真拡大

「ラザロの旅」の原稿(東京都葛飾区立中央図書館で)

長編ファンタジー小説「グイン・サーガ」シリーズなどで知られる作家の栗本薫さん(1953〜2009年)の未発表の私小説「ラザロの旅」が見つかり、電子書籍として刊行された。栗本さんは東京都葛飾区出身で、遺族が区に寄贈した膨大な資料の中から発見された。栗本さんが手がけた私小説は少なく、創作の原点を知るうえで貴重な作品という。  「ラザロの旅」は1978年、栗本さんが別のペンネーム「中島梓」で執筆。障害を抱え、自宅で寝たきりの弟への愛情や葛藤、大学時代の恋人との会話などに触れながら、自分の存在意義を執筆活動に見いだす心...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

山崎賢人「グッド・ドクター」究極の選択/6...

俳優山崎賢人(23)が主演のフジテレビ系連続ドラマ「グッド・ドクター」(木曜午後10時)で初の医師役に挑戦している。自閉症でコミュニケーション能力に難があるが、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年医師・新堂湊(山崎)は、レジデントと呼ばれる研...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真