Sony

ニュース

【ワシントン=海谷道隆】ペンス米副大統領は9日、国防総省で演説し、陸海空などと同格の新たな独立軍種として、宇宙での軍事活動を担う「宇宙軍」を創設する方針を表明した。宇宙領域での軍事活動を強化する中国、ロシアに対抗する狙いで、2020年までの創設を目指す。実現すれば、1947年の空軍以来の独立軍種の誕生となる。  ペンス氏は「我々の死活的利益がかかる宇宙は(各国が)競合する戦闘領域になっている」と述べ、宇宙領域への対応強化の重要性を訴えた。その上で「宇宙軍創設の時が来た」と宣言した。主に空軍に属する宇宙関連の人材...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真