Sony

ニュース

愛知淑徳大学・長久手キャンパス(「Wikipedia」より)

写真拡大

愛知淑徳大学・長久手キャンパス(「Wikipedia」より)

 1月に行われたセンター試験を皮切りにして、大学受験の季節が本格化した。昨年来、醜聞と不祥事の連続で面目を失った最高学府ではあるが、受験生からすれば平成最後の年に、何がなんでも栄冠を手にしたいところであろう。

 ただ周知の通り、大学といってもその格差は年々拡大しており、内容は天と地、月とスッポンになっている。難易度、知名度、社会での実績を軸にしたブランド力によって、少子化の進行する下でも、相変わらずの狭き門を維持している大学もあれば、毎年定員を埋めるために教職員自らが学生集めに奔走する大学も...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真