Sony

ニュース

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館で王将戦1次予選2回戦に臨み、池永天志たかし四段(25)に153手で勝利した。藤井七段の公式戦通算成績は109勝19敗。  この日の対局は池永四段が優位な形勢を保っていたが、終盤に藤井七段が逆転した。対局後、藤井七段は「最後までずっと苦しい将棋だった」と振り返った。  藤井七段の次戦は16日、2年連続優勝がかかる朝日杯将棋オープン戦準決勝...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

藤井七段、朝日杯優勝…最年少の同一棋戦連覇

将棋の藤井聡太七段(16)は16日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われた朝日杯将棋オープン戦の決勝で渡辺明棋王(34)を128手で破り、優勝した。藤井七段は昨年、この棋戦で史上最年少での棋戦優勝を果たしており、今回の優勝でやはり史上最年少で...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真