Sony

ニュース

中国科学院金属研究所材料疲労・断裂実験室の劉増乾博士が率いる研究チームはこのほど、パンダの歯が自己修復できることを初めて発見した。

写真拡大

中国科学院金属研究所材料疲労・断裂実験室の劉増乾博士が率いる研究チームはこのほど、パンダの歯が自己修復できることを初めて発見した。

愛らしいジャイアントパンダはかつて肉食動物だったが、長期的な進化により「菜食主義者」になった。大きく鋭く頑丈な歯は竹などを粉々にし胃袋に収めることができる。中国科学院金属研究所材料疲労・断裂実験室の劉増乾博士が率いる研究チームはこのほど、パンダの歯が自己修復できることを初めて発見した。これは新型バイオニクス材料の開発に新たな発想をもたらした。また、人の義歯複合材料、高強度・高電導接触材料などの研究において新たな進展を遂げた。科技日報が伝えた。

歯は動物が生まれ持つ攻撃と防御用の武器...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真