Sony

ニュース

伊藤忠商事は15日、スポーツ用品大手のデサントに対するTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。新たにデサント株の9・56%(議決権ベース)を取得し、すでに所有する約30%と合わせた保有比率が、目標としていた40%となる。伊藤忠とデサントは経営方針を巡り対立しており、今後、経営陣刷新に向けた協議に入る。デサント創業家出身の石本雅敏社長は退陣に追い込まれる公算が大きくなった。  M&A(企業の合併・買収)助言会社のレコフによると、東証1部上場企業同士で、相手が同意していない敵対的TOBが成立するのは極めて異...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真