Sony

ニュース

豪モナシュ大学のコールフィールドキャンパスで、中国人をはじめとする外国人留学生が学生会に立候補することを禁止する意味合いを持つ規定が新設され、物議を醸している。写真は豪州の大学。

写真拡大

豪モナシュ大学のコールフィールドキャンパスで、中国人をはじめとする外国人留学生が学生会に立候補することを禁止する意味合いを持つ規定が新設され、物議を醸している。写真は豪州の大学。

豪モナシュ大学のコールフィールドキャンパスで、中国人をはじめとする外国人留学生が学生会に立候補することを禁止する意味合いを持つ規定が新設され、物議を醸している。12日、中国メディア・環球時報が伝えた。

記事は、豪メディア・The Age(ジ・エイジ)の11日の報道を引用。同キャンパスの学生会幹部らによって可決された新たな規定により、学生会の選挙候補者は週に22時間の業務時間を合法的に確保しなければならないとされた。しかし、豪州の定める規定では、学生ビザで滞在する外国人は週に20時間...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

日本製粉が米中などでの海外事業を強化、その他

日本製粉が米中など海外事業を強化 / Rubyroseのオーガニッククレンジングオイルが越境EC利用し対中販売 / ユカイ工学のセラピーロボットが中国の重要インダストリアルデザイン賞に入賞 ●日本製粉が米中など海外事業を強化、海外事業比率の向上目...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真