Sony

ニュース

上方落語協会の新会長に就き、抱負を語る笑福亭仁智=大阪市中央区(撮影・村上久美子)

写真拡大

上方落語協会の新会長に就き、抱負を語る笑福亭仁智=大阪市中央区(撮影・村上久美子)

上方落語協会の定時総会が30日、大阪・天満天神繁昌亭で行われ、18年に戦後7代目会長に就いた笑福亭仁智(67)の再選が承認された。4月24日に次期会長候補選が行われ、仁智会長が最多得票を得ていた。2期目で会長任期は2年。副会長の桂米団治(61)も再任。前会長の桂文枝(76)が特別顧問に就くことも決まった。

仁智は上方の重鎮、笑福亭仁鶴の一番弟子。仁智会長は協会を通じて「ピンチをチャンスに変える新体制で、協会一丸となって難局を乗り切りたいと思います」とコメントした。

新型コロナウイルス...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

「M 愛すべき人がいて」最終回 「やっぱり...

安斉かれんと三浦翔平がW主演する土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の第7話が4日に放送された。  本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生に秘められた出会いと別れを描く物語。最終回となる第7話では、スターへの階段を駆け上がるアユ(安斉...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真