Sony

ニュース

ハクチョウの首の形の青銅製の壺が今年5月、河南省三門峡市で発見され、大いに話題となった。壺に入っていた重さ3キログラムほどの液体が酒であることがこのほど明らかになった。

写真拡大

ハクチョウの首の形の青銅製の壺が今年5月、河南省三門峡市で発見され、大いに話題となった。壺に入っていた重さ3キログラムほどの液体が酒であることがこのほど明らかになった。

非常に珍しい「鵝首曲頚青銅壺」と名付けられたハクチョウの首の形の青銅製の壺が今年5月、河南省三門峡市で発見され、大いに話題となった。優美なデザインのハウチョウの壺に、人々は大いに魅了されると同時に、壺に入っていた重さ3キログラムほどの液体の正体をめぐり関心が集まっていた。そしてこのほど、この液体の正体が酒であることが明らかになった。新華社が伝えた。

三門峡市文化財考古研究所によると、中国科学院大学の研究者がサンプルを採取して調べたところ、「鵝首曲頚青銅壺」に入っていた液体は、前漢(...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

日本の免税店が次々閉店、中国人客減少が主因...

中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は26日、「日本で免税店の閉店が相次いでいる」とし、「中国人観光客の不足が主因だ」と伝えている。 記事は「突然襲ってきた新型コロナが、日本の免税店に深刻な影響を及ぼし、閉店ラッシュが起きている」とした上で...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真