Sony

ニュース

世界銀行は29日に発表した「東アジア・太平洋地域経済情勢報告書」の中で、今年の中国の経済成長率は2%に達すると予測し、6月初めの予測値1%を1ポイント上方修正した。写真は上海の病院。

写真拡大

世界銀行は29日に発表した「東アジア・太平洋地域経済情勢報告書」の中で、今年の中国の経済成長率は2%に達すると予測し、6月初めの予測値1%を1ポイント上方修正した。写真は上海の病院。

世界銀行は29日に発表した「東アジア・太平洋地域経済情勢報告書」の中で、今年の中国の経済成長率は2%に達すると予測し、6月初めの予測値1%を1ポイント上方修正した。経済参考報が伝えた。

同報告書の予測では、東アジア・太平洋地域の経済成長率は今年は0.9%となり、1967年以降で最低になる。同地域の中国を除くエコノミーの今年の成長率はマイナス3.5%になるという。

世銀同地域のチーフエコノミストであるMattoo氏は同日に行われたメディア電話会議で、「新型コ...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真