Sony

ニュース

中国が米国国債の保有残高を減らす一方、日本の国債を買い増していると韓国紙が報じた。同時に「これをドルとの絶縁と見なすのは過度な解釈」とのアナリストの見方も紹介した。

写真拡大

中国が米国国債の保有残高を減らす一方、日本の国債を買い増していると韓国紙が報じた。同時に「これをドルとの絶縁と見なすのは過度な解釈」とのアナリストの見方も紹介した。

中国が米国国債の保有残高を減らす一方、日本の国債を買い増していると韓国紙が報じた。米中対立の進行と深刻化が背景にあるともみられるが、同時に「これをドルとの絶縁と見なすのは過度な解釈というのが市場全般の雰囲気だ」とのアナリストの見方も紹介した。

韓国・中央日報は香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP)の記事を引用。「米財務省によると、中国が9月に62億2000万ドル(約6440億円)規模の米国債を売却した」と伝えた。5カ月連続で減少し、中国の米国債保有残高は1兆617...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真