Sony

ニュース

愛ちゃんと仲良しの元世界ランク1位=「最大のライバルは日本」―中国メディア

  • 2018年 04月17日 21時20分
  • 提供元:Record China
16日、新浪体育によると、中国女子卓球界の第一人者、劉詩●が、世界卓球団体戦の最大のライバルは日本であると語った。写真は劉のSNSより。

写真拡大

16日、新浪体育によると、中国女子卓球界の第一人者、劉詩●が、世界卓球団体戦の最大のライバルは日本であると語った。写真は劉のSNSより。

2018年4月16日、新浪体育によると、中国女子卓球界の第一人者で福原愛とも親しい劉詩●(リウ・シーウェン、●は雨かんむりに文)が、「世界卓球団体戦の最大のライバルは日本」と語った。



中国卓球代表チームは29日にスウェーデンで開幕する世界卓球選手権団体戦に向けた強化合宿を実施しており、15日にはチーム内での練習試合が行われた。その後のインタビューで劉は「トレーニングの量も問題ないし、今の体の状態も良好」と答えた。



また、世界卓球選手権におけるライバルについて話を向けられると、「世界の女子卓球界の構図に大きな変化は起きていない」とした上で、「日本の全体の実力は非常に強いというべきであり、私も十分に重視しているし、準備をしてきた。一番大事なのは、自分自身に頼るとともに、チームを信じるということ」と語っている。



さらに、「日本選手への対処法をたくさん持っているでしょう」と問われると、劉は謙遜気味に「他の人たちだって負けてないと思いますよ。自分はやっぱり自分のことをしっかりやろうと思ってます」と回答した。そして「どの相手やチームと当たるかというのは分からないし、それを考えるのは時期尚早かなと。一つ一つ準備していきます。他の国も強いので慢心することなく。もちろん、日本は明らかに他国より抜きんでていますけどね」とした。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

サッカー韓国代表の新監督選びが難航している...

2018年7月12日、中国のサッカーメディア・足球報は、サッカー韓国代表の次期監督選びが難航しているとし、その理由について解説した。 記事は、大韓サッカー協会が次期監督について「ワールドカップ(W杯)出場経験を持つ」「大きな国際大会で成果を収めて...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真