Sony

ニュース

宇治抹茶を味わいつくす!お茶所「宇治」でハシゴしたい“抹茶スイーツ”カフェ4選

  • 2018年 05月17日 11時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
「宇治抹茶パフェ」(780円)/伊藤久右衛門 本店・茶房

写真拡大

「宇治抹茶パフェ」(780円)/伊藤久右衛門 本店・茶房


全国屈指のお茶所、京都の宇治には老舗から新店まで抹茶スイーツがたくさん。宇治抹茶をふんだんに使った贅沢スイーツをハシゴして味わおう!<※情報は関西ウォーカー(2018年5月8日発売号)より>


【写真を見る】「紫陽花パフェ」(1180円)/伊藤久右衛門 本店・茶房


■ 上質な抹茶の風味を堪能!宇治を代表する茶屋


「伊藤久右衛門 本店・茶房」は、1832年に創業し、高級茶で名高い京都宇治に店舗を構える老舗。お茶の香りが漂う茶房では、パフェが定番人気だ。華やかな季節限定もあり、5月下旬~7月上旬はアジサイをあしらったパフェが登場。夏季限定で提供する宇治金時も人気!


上質な茶葉のみで作られる、豊かでまろやかな抹茶の味わいを堪能。抹茶アイスと抹茶ゼリーを中心にしたシンプルさが抹茶の風味を引き立てる。イートインのみ。


お抹茶で作るきんとんをはじめ、抹茶クッキーやブルーベリーで、雨露にぬれるアジサイをイメージ。イートインのみ。


休日は行列ができることも。


■伊藤久右衛門 本店・茶房<住所:京都府宇治市莵道荒槇19-3 電話:0774-23-3955 時間:10:00~18:30(LO18:00) 休み:なし 席数:62席 タバコ:禁煙 交通:JR宇治駅より徒歩5分>


■ 見た目も楽しいスイーツ揃い


「Matcha Republic 抹茶共和国」は、宇治抹茶の卸業専門店のアンテナショップとして2017年5月にオープン。以来、オリジナリティある抹茶スイーツが話題に。ひきたて茶道用宇治抹茶と生乳100%北海道牛乳を使った「岩塩チーズ抹茶ラテ」(680円)をはじめ、ドリンクも豊富にそろう。


インクボトルに抹茶清水と抹茶ラテを入れた、4月に登場したばかりの新作。その場で飲んでもおみやげにも。イートイン、テイクアウト可。


プレミア生クリームソフトに抹茶とほうじ茶のパウダーを。ラングドシャのコーンが軽やか。イートイン、テイクアウト可。


入口横にある石うすで抹茶をひいて提供している。


■Matcha Republic 抹茶共和国<住所:宇治市宇治妙楽26-2 電話:0774-21-2889 時間:10:00~18:00 休み:なし 席数:12席 タバコ:禁煙 交通:JR宇治駅より徒歩3分>


■ 茶園が手がける抹茶メニューの数々


「GOCHIO cafe 伍町カフェ」は、抹茶のもととなる手摘みの高級碾茶を栽培、製造する宇治の「茶園清水屋」がプロデュース。1か月ごとに異なる茶園の抹茶を使うという抹茶エスプレッソなどのメニューは、茶葉を知り尽くす茶園ならでは。お茶の自然な甘さや香りをしっかり楽しめる。


ふんわり焼き上げたフレンチトーストに、自慢の抹茶をたっぷり使った自家製アイスと特製ソースを。イートインのみ。


濃いめにたてた抹茶を自家製の牛乳アイスクリームにたっぷりかけて。まろやかながら濃厚な味わい。イートインのみ。


抹茶を使ったパスタなどもフードメニューもある。


■GOCHIO cafe 伍町カフェ<住所:宇治市宇治壱番63 電話:0774-25-3335 時間:11:00~18:30(LO18:00)、土日祝10:00~18:30 休み:不定休 席数:48席 タバコ:禁煙 交通:JR宇治駅より徒歩3分>


■ 味を確かめてから買える体験型ショップ


「茶願寿カフェ」は、店内にある商品はすべて試食可能という、体験型のショップ&カフェ。茶葉はもちろん、お菓子やジャムなどの加工品、玉露を使ったダシやドレッシングなど調味料までそろう。クレープやパフェなどテイクアウトメニューが豊富なのもうれしい。


有機抹茶をふんだんに使用したオリジナルソフトクリームは、ボリューム満点!ほうじ茶もある。イートイン、テイクアウト可。


カフェコーナーには、その食材で作るフードやスイーツが。


■茶願寿カフェ<住所:宇治市宇治壱番66-1 電話:0774-21-5551 時間:10:00~18:00 休み:なし 席数:14席 タバコ:禁煙 交通:JR宇治駅より徒歩2分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)


【関連記事】

京都東山で食べ歩き!観光じゃなくても行きたい“抹茶スイーツ”の人気カフェ4選

マールブランシュの限定品も!京都ポルタの抹茶尽くしエリアから厳選スイーツをご紹介

百貨店広報さんにイチオシを聞いた!デパ地下の新作&人気“抹茶スイーツ”13選


関連ニュース

関連写真

世界は広い!マニアも知らないマンガロールカ...

次々と個性的なニューカマーが登場する東京のカレーシーン。2018年も豊作といえるアツさでにぎわっているが、本場インドから“日本初”と噂されるとんでもない新星が現れて超話題となっている。それはマニアも舌を巻くほど。なぜなら、カレー好きでも食べたこと...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真