Sony

ニュース

“世界一のバリスタ”監修!マックの新アイスコーヒーを飲んでみた

  • 2018年 05月17日 18時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
5月21日(月)からリニューアルする「プレミアムローストアイスコーヒー」(Sサイズ100円、Mサイズ150円、Lサイズ210円)

写真拡大

5月21日(月)からリニューアルする「プレミアムローストアイスコーヒー」(Sサイズ100円、Mサイズ150円、Lサイズ210円)


マクドナルドの「プレミアムローストアイスコーヒー」(Sサイズ100円、Mサイズ150円、Lサイズ210円)が5月21日(月)から、価格はそのまま、さらにおいしく生まれ変わる。監修を手がけたのは、2014年ワールドバリスタチャンピオンシップ優勝の実績を持つ、“世界一のバリスタ”井崎英典氏。リニューアルの最大のポイントは、すっきりとした後味だ。


【写真を見る】新旧の「プレミアムローストアイスコーヒー」。見た目は変わらないが、飲み比べると味の変化は歴然


2017年に実施された「プレミアムローストコーヒー(ホット)」のリニューアルに続き、今年1月には井崎氏監修のもと、「カフェラテ」を刷新した日本マクドナルド。コーヒーメニューが続々と進化を続けるなか、今回は気温が高くなるこれからの季節に向け、「プレミアムローストアイスコーヒー」がその味わいに磨きをかける。


新しい「プレミアムローストアイスコーヒー」は、焙煎時間を変更し、キレのある後味を追求。さらに、グァテマラ産の豆を新たに配合することで、華やかな香りを実現した。ブレンドの割合や焙煎方法にもこだわり抜いたという。


メディア向けの試飲会で一足早く試飲してみると、奥深いコクがありながらも、決して強すぎない苦味が心地よい。口に含んだ瞬間、豊かな香りと共にバランスのとれたハーモニーが広がり、その後はスッと消えていく。暑い日にブラックでゴクゴク飲みたくなるようなおいしさだ。リニューアル前の商品と飲み比べると、苦味が抑えられていることをより実感できた。


日本マクドナルドの担当者は「毎日飲んでも飽きない味。すべてのアイスコーヒーファンに試していただきたい」と胸を張る。デザートはもちろん、さまざまなバーガーとの相性も良いという。なお、5月21日(月)から25日(金)までの5日間は、午前7時から午前10時まで「プレミアムローストアイスコーヒー」Sサイズを無料で提供。この機会をお見逃しなく。


リニューアルに合わせ、2つのTwitterキャンペーンも展開される。1つ目は「ひと夏分のアイスコーヒー」が抽選で当たる太っ腹な企画だ。応募方法は、マクドナルド公式 Twitter アカウントで投稿される「#ひと夏分のアイスコーヒー」のハッシュタグがついた投稿を、リツイートするだけ。7月1日(日)から9月30日(日)まで使える「プレミアムローストアイスコーヒー」S サイズの無料クーポン(1日1回、毎日利用可)が、抽選で1000名に当たる。応募期間は、5月16日(水)から20日(日)まで。


2つ目は、公式Twitterアカウントにて、5月21日(月)から25日(金)まで毎日出題されるクイズに答え、1問でも正解した人の中から抽選で1名に、マクドナルドオリジナル巨大ストロー(オブジェ)がプレゼントされるというものだ。これらのTwitterキャンペーンにもぜひ参加して、進化したマクドナルドのアイスコーヒーを楽しもう!(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)


【関連記事】

現役女子大生モデルが実食!朝マックの新定番“250円コンビ”はどんな味?

「グラン」シリーズ1周年!マックの“スピードくじ”でお得に商品をゲット

マクドナルドの美女クルーが東京ウォーカー編集部にやってきた!“実は、おいしい”コーヒーでおもてなし


関連ニュース

関連写真

巣鴨・とげぬき地蔵の路地にある評判のフワフ...

店に入ると、シャカシャカと氷を削る、どこか懐かしい音が。2014年にオープンした「かき氷工房 雪菓」は、かき氷の食べ歩きが趣味だった店主・本田祐紀さんが開いた専門店。「店名の由来は、“雪のスイーツ(菓子)”。自分が食べたい究極の氷を目指してメニュ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真