Sony

ニュース

  • 2018年 05月31日 12時07分
  • 提供元:共同通信
ALSの原因タンパク質を除去する「抗体」の開発について記者会見する滋賀医科大の漆谷真教授=31日午前、大津市

写真拡大

ALSの原因タンパク質を除去する「抗体」の開発について記者会見する滋賀医科大の漆谷真教授=31日午前、大津市

全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因タンパク質を細胞内から除去する「抗体」を開発したと、滋賀医科大の漆谷真教授(神経内科)のチームが31日までに英科学誌電子版に発表した。京...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

地球外生命体の発見へ…東アジア最大の望遠鏡

京都大などが岡山県内で建設を進めてきた東アジア最大の天体望遠鏡「せいめい」が完成し、17日、報道陣に公開された。30光年離れた惑星の観測が可能といい、地球外生命体の発見につながる成果を目指す。  望遠鏡は晴天率が高いとされる岡山県浅口(あさくち)...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真