Sony

ニュース

  • 2018年 06月12日 19時44分
  • 提供元:共同通信
農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は12日、地球温暖化に強い新品種のリンゴ「紅みのり」と「錦秋」を開発したと発表した。リンゴ産地では、高温のまま収穫時期を迎えることで着色不良や果肉が軟らかくな...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

太平洋マグロに漁獲証明、日本主導で制度導入へ

絶滅の恐れのある太平洋クロマグロについて、沿岸各国の漁港で水揚げ量や漁法を確認して証明する国際的な漁獲証明制度が日本主導で導入される見通しになった。漁の透明化を進めて実態を正確に把握し、資源管理の一層の厳格化を図るのが狙い。早ければ2021年にも...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真