Sony

ニュース

<コラム>米朝合意は北朝鮮の「勝利」だったのか

  • 2018年 06月14日 12時40分
  • 提供元:Record China
米朝首脳の「6・12会談」は、4項目の合意書を発表して終わった。北が核廃棄を行うというだけで、詳細なスケジュールは記載されなかった。この結果、北の「勝利」であると、北朝鮮専門家は一斉に批判している。果たしてそうだろうか。写真は米朝首脳会談の関連報道。

写真拡大

米朝首脳の「6・12会談」は、4項目の合意書を発表して終わった。北が核廃棄を行うというだけで、詳細なスケジュールは記載されなかった。この結果、北の「勝利」であると、北朝鮮専門家は一斉に批判している。果たしてそうだろうか。写真は米朝首脳会談の関連報道。

米朝首脳の「6・12会談」は、4項目の合意書を発表して終わった。その内容は、至って簡単である。北が核廃棄を行うというだけで、詳細なスケジュールは記載されなかった。この結果、北の「勝利」であると、北朝鮮専門家は一斉に批判している。果たしてそうだろうか。米国は譲歩している恰好だが、北朝鮮事情をかなり勘案して、「実」を取った形に映る。



過去2回、核廃棄の協定は反古(ほご)にされてきた。米朝間に信頼関係がなかったことが、最大の理由に思われる。1953年の朝鮮戦争休戦以来、法的には「戦闘状態」という緊張感の下にある。圧倒的な軍事力を誇る米国が、北朝鮮にとっては最大の恐怖の的であったに違いない。だから、その恐怖感からこっそりと核開発を続けてきた。そういう解釈も可能であろう。



北朝鮮は、今回の米朝合意で核廃棄を約束した。これまで、北は「核が政権を守る」考えに固執してきたことから見れば、180度の大転換である。この裏には、金正恩氏の実妹である金与正氏のサポートが影響したと推測される。女性は戦争よりも平和を好む。ミサイルや核よりも、日常生活(経済)の安泰を重視する。この母性本能が、北の軍事路線を変えさせたのでないか。今回の米朝首脳会談でも与正氏は随行し、ワーキングランチに出席した。要所、要所で、必ず顔を見せる「影の参謀」に間違いない。



この金与正氏は、米朝首脳会談でトランプ発言を直に聞いて、自らの「平和路線」の正しさを確認したと思われる。韓国・聯合ニュースによれば、朝鮮中央通信と朝鮮中央放送は会談翌日の6月13日午前6時、金委員長とトランプ大統領の会談ニュースと共同声明全文を一斉に報じた。また、朝鮮労働党機関紙の労働新聞も、米朝首脳会談の内容と写真33枚を4面にわたって掲載した。



金正恩氏が帰国する前の異例の報道だ。これら報道部門は、金与正氏の担当である。彼女の平和路線である核放棄への確信が、こういう報道を実現させた力と見る。この報道によって、北朝鮮は核廃棄を国民に告げた。後戻りはできないゾーンへ踏み出している。



北朝鮮は、米国に約束した「核廃棄」を誠実に履行すると思う。実行しなければ、米国の軍事行動が予見されるからだ。



■筆者プロフィール:勝又壽良

横浜市立大学商学部卒、経済学博士(中央大学)、元『週刊東洋経済』編集長、元東洋経済新報社編集局長、元東海大学教授、元東海大学教養学部長。経済記者30年、大学教員16年の経験を持つ。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真