Sony

ニュース

「日本は大げさすぎないか?」「中国なら食べられちゃってる」日本で時々見られるあの光景、中国で話題に

  • 2018年 06月14日 15時40分
  • 提供元:Record China
京都の要法寺で育ったカモ4羽が11日朝、近くの鴨川に引っ越した。中国ネットでも話題になっている。資料写真。

写真拡大

京都の要法寺で育ったカモ4羽が11日朝、近くの鴨川に引っ越した。中国ネットでも話題になっている。資料写真。

2018年6月13日、新京報によると、京都の要法寺で育ったカモ4羽が11日朝、近くの鴨川に引っ越した。父ガモは現れず、母ガモは途中でどこかへ行ってしまったため、子ガモたちだけでの移動となった。



警察官15人と住民が見守る中、子ガモたちは70分かけて寺から700メートル先の鴨川にたどりついた。



このニュースについて、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には多くのコメントが書き込まれた。



「なぜ鴨川へ移り住むとわかったのだろう?」

「日本人には動物の考えていることがわかるのか…」

「市街地は高すぎるから、郊外に引っ越したんじゃないか」



「新居はきっと北京ダックの全聚徳(京都店)だ」

「中国ならとっくに連れ去られて鴨汁にされてるな」

「日本人はカモは食べないの?中国では食べられているけど…」



「子ガモたちかわいいね。動物愛護は称賛されるべき」

「でも、ちょっと大げさすぎないか?」

「カモはこんなにかわいがるのに、捕鯨は今も続けていると…」

「どうも偽善的な印象を受ける」



「それはそうと日本の警察はずいぶんヒマなんだな」

「警察官15人が子ガモの見守り?15人!?」

「ケージで運んでやる方が安全じゃないかと…」



「まぁ、先進国ならではの出来事だな」

「それにしても、水がきれいだ!!」(翻訳・編集/岡田)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

北京の大・中型スーパー90%以上で肉・野菜...

今年で8年目を迎えた「全国食品安全宣伝ウイーク」を機に、全国第三陣肉類・野菜のトレーサビリティー構築試験都市である北京市は、大・中型スーパーチェーンにおいて、商品の産地や販売元などを追跡できるキャンペーン「肉・野菜の追跡をして、安心して購入」を実施...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真