Sony

ニュース

  • 2018年 06月14日 21時30分
  • 提供元:共同通信
9回ヤクルト2死一、三塁、雄平が右前に勝ち越し打を放つ=メットライフドーム

写真拡大

9回ヤクルト2死一、三塁、雄平が右前に勝ち越し打を放つ=メットライフドーム

ヤクルトが逆転勝ちした。2―4の八回にバレンティンの適時二塁打などで追い付くと、九回2死一、三塁から雄平、川端の連続適時打で2点を勝ち越した。3番手の近藤が今季初白星。西武は九回に登板した抑えの増田が...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

大量11点で巨人2位浮上…中日連敗3で止める

巨人11−5ヤクルト(セ・リーグ=15日)――巨人が2位浮上。二回に亀井の2ランで先制し、三回は岡本の2ランで加点。終盤にも重信の二塁打などで突き放した。吉川光が6勝目。ヤクルトは4連勝ならず。           ◇  広島6−4阪神(セ・リー...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真