Sony

ニュース

3年連続!乃木坂が「高校生クイズ」サポーター就任

  • 2018年 07月12日 07時32分
  • 提供元:日刊スポーツ
白石麻衣

写真拡大

白石麻衣

 日本テレビ系「高校生クイズ」(9月14日午後9時)の制作発表会見が11日、東京・日本テレビで行われ、メインパーソナリティーを千鳥が務めることが発表された。また、番組史上初となる、乃木坂46の3年連続メインサポーター就任も発表された。

 この日、総合司会の枡太一アナウンサーとの千鳥のノブ(38)大悟(38)、乃木坂46は白石麻衣(25)西野七瀬(24)高山一実(24)中田花奈(23)佐藤楓(20)山下美月(19)の6人が登壇した。

 枡アナからメインパーソナリティーの予想を聞かれた白石は「今年は地頭力ということなので、かなり知的な方では」。西野は「歴史ある番組なので、大物の方とか」と続けた。司会者から紹介された千鳥は恐縮しつつ登壇。ノブの第一声は、「出にくい! 出にくい!」だった。大悟は「おバカなオッサン2人だけど大丈夫かな。僕ら、クラスで下からワンツーでしたから」と不安を口にしたが、ノブは「地頭力だけでやってきたから、千鳥は貢献できます!」と胸を張った。

 発表会ではチーム大悟とチームノブに別れて、実際にクイズに挑戦。3問出題で負けチームは激苦センブリ茶を飲む罰ゲームも用意されていた。チーム大悟は2問先行するが、最終問題が3ポイントのお約束で、チームノブが逆転勝利。チーム大悟メンバーの大悟、高山、佐藤、西野がセンブリ茶を飲むが、西野だけが1人涼しい顔だった。「苦いものがわりと平気なので」というに西野に大悟は、「行けちゃダメ! お笑い界には来ないでください」とダメ出しした。

 参加した乃木坂46メンバーの地頭力をノブは、「高山ちゃんは高いんじゃないかな」と分析。「僕らが適当にしゃべってることにも笑ってくれるし、心に残る。芸能界を生き抜く術もね」と話した。一方大悟は、西野に対し「あのお茶でノーリアクションも、相当おもしろい」と、最後は絶賛した。

 各都道府県代表を決める地区大会は26日、全国11会場で開催される。各地にはそれぞれ応援タレントが駆け付ける。

 メイサポーターの乃木坂46は、関東会場に選抜メンバー(一部メンバーは他会場)、近畿会場にはアンダーメンバーが出演する。また、8月8日発売の新曲「ジコチューで行こう!」のカップリング曲「あんなに好きだったのに…」が応援ソングとなることも発表された。山下は「会場は高校生だけなので、普段のライブと違ってパワーが伝わってくるんです。私たちも負けないように、会場にパワーを伝えたいです」とアピールした。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真