Sony

ニュース

滝沢カレン、仕切りは「1人でやるもんじゃないな」

  • 2018年 07月13日 07時21分
  • 提供元:日刊スポーツ
フジテレビ系「初対面トークショー!! 内村カレンの相席どうですか」のMC内村光良(左)とリーダー滝沢カレン (C) フジテレビ

写真拡大

フジテレビ系「初対面トークショー!! 内村カレンの相席どうですか」のMC内村光良(左)とリーダー滝沢カレン (C) フジテレビ

 ウッチャンナンチャン内村光良(53)が司会を務め、滝沢カレン(26)がリーダー役のフジテレビ系「初対面トークショー!! 内村カレンの相席どうですか」が13日に放送される。

 長嶋一茂(52)ハリセンボン近藤春菜(35)女優葵わかな(20)がゲスト。3人にとっての「いま会いたい人」「ちょっと気になる人」など、多彩なゲストが入れ代わり立ち代わり「相席」してトークを展開し、そこから交友関係を広げていくという異色の構成。

 ゲスト3人は、それぞれ会いたい人に会えたり、意外な展開もあったりと、初対面の相席トークで盛り上がる。長嶋一茂と相席するのは、今年「第10回AKB48世界選抜総選挙」で第2位のSKE48須田亜香里(26)。理由は「長嶋一茂はアイドルに興味がない」ということで「ぜひ好きになってもらいたい!」という思いを込めて相席がセッティングされた。「握手会の女王」「ブスなのに2位」でなじみの須田がファンを魅了する超絶テクニックで長島に迫る。

 内村は「リーダーが滝沢カレンちゃんということでとても新鮮!リーダーの仕切りに毎回、目を皿のようにして驚きつつ、でも関心もしつつ収録を楽しみました」。滝沢は「何がしたかったのかって『やっぱりこの仕事だ!』っていうのに気づかされました。やっぱり支えてくれる方たちが隣にいるので、それがすごく良くて『1人でやるもんじゃないな』って思いました。すごく楽しいです」と話している。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真