Sony

ニュース

1万2千校以上に問題ブロック塀…2割対策せず

  • 2018年 08月10日 21時20分
  • 提供元:読売新聞
 文部科学省は10日、全国の小中学校や高校、幼稚園などの1万2640校で、安全性に問題があるブロック塀が見つかったと発表した。いずれも法令の基準を満たさないものなどで、同省は早急な点検と応急対策の徹底を求めている。
 6月の大阪北部地震で、大阪府高槻市立小のブロック塀が倒壊、女子児童(9)が死亡したことを受け、全国の計5万1085校に安全点検を要請し、7月27日までの報告をまとめた。
 発表によると、ブロック塀があったのは1万9921校。建築基準法施行令では、ブロック塀の高さは2・2メートル以下とし、高さによって補強の壁を設置することなどを定めているが、外観の点検で基準に合わなかったり、劣化や損傷があったりした学校は1万2640校(24・7%)に上った。問題が見つかった学校のうち、約8割の1万122校は撤去や貼り紙での注意喚起などの応急対策を施していたが、2割は未実施だった。

関連ニュース

関連写真

官僚「メディアはセクハラに強い女性記者を寄...

メディアと霞が関のハラスメント問題は、4月に財務省事務次官が辞任し、野田聖子女性活躍担当大臣がすばやく「セクハラ緊急対策」をまとめて対処。そして一般企業の女性セクハラ問題も含め、今後の対策については法改正も視野に入れ労働政策審議会(労政審)など...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真