Sony

ニュース

日本最大級のパンのフェス!全国からパンの名店が横浜赤レンガ倉庫に集結!

  • 2018年 09月14日 21時15分
  • 提供元:東京ウォーカー
【写真を見る】京都祇園のパン職人が考案し、東京銀座で愛されてきたデニッシュ食パンで有名な「MIYABI」

写真拡大

【写真を見る】京都祇園のパン職人が考案し、東京銀座で愛されてきたデニッシュ食パンで有名な「MIYABI」


2016年に初開催してからこれまでに50万人以上が訪れた日本最大級のパンの祭典が春に続き今年も秋に開催! 今回も全国各地から多彩なベーカリーが集結する。


豆腐や豆乳で作ったヘルシーなマフィンやスコーンが人気の「お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsuぐるあつ」


■ 食事パンから総菜、スイーツまで普段はなかなか買えない逸品をゲットしよう


注目は、普段はなかなか買いに行けない県外の名店のパン。


約35年ほど前に京都・祇園のパン職人が試行錯誤の上に作り上げた芳醇な香りと上品な甘さ、外はサクサク中はしっとりふわふわとした食感が最大の特徴のデニッシュ食パンを出す東京「MIYABI」。厳選された材料、高級の小麦粉、ミヤビオリジナルクリーム、ミヤビ特性のミルクフレーバーの折込みシートを使い、自然な甘みに仕上げたデニッシュ食パンはぜひとも食べたいところ。そのままでもおいしいが、軽くトーストするとよい香りが漂い絶品だ。


伊豆高原にある日本初のフロマージュパン専門店「伊豆高原フロマージュパン専門店 Marble coco.」は、パンに合うチーズを厳選し、職人が一つ一つ手作りをする手間暇をかけたパンがそろい人気。北海道産モッツァレラチーズを贅沢に使用し、独自の氷温熟成製法で作られた、完成するまでに2日かかる濃厚フロマージュパンのプレミアム濃厚フロマージュなど一度食べたらクセになるパンがそろっている。


東京町田市にある「パンの木」は創業32年を迎えた地元の人たちに長く愛されてきた老舗。リンゴをまるごと入れたパンが人気だが、今回のパンのフェス限定で「丸ごとリンゴ~アップデートしました~」を限定販売。定番の丸ごとリンゴをまさにアップデートし、芯をくり抜き洋酒漬けにしたリンゴの中にクリームチーズとキャラメルを入れ、さっくりパイ生地で包んだ一品だ。


終戦後のロバを使った移動販売からの歴史をくむ岐阜県の移動販売パン店「ビタミンパン連鎖店 ロバのパン」。黒糖を蒸しパンの生地に練り込んだ、黒糖が持つ深い甘みと香ばしさが楽しめる「蒸しパン(黒糖)」などが登場。昭和の香りがする懐かしいパンに出会えるはず。


こちらもキッチンカーで移動販売をしているのが埼玉県の「メロンパン秘密基地HAPPyHAPPy」(実店舗もあり)。シュークリームメロンパン(各種)やメロンパンラスク(各種)など、さまざまな種類のメロンパンが並ぶ。


東京・東上野にある「お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsuぐるあつ」は、その名の通り、豆腐や豆乳を使ったヘルシーなパンを販売する店として人気に。卵や乳製品を使用せず、ショートニング、マーガリンなどのトランス脂肪酸もフリーで、できるかぎり有機・国産素材を使用しているというこだわりが光る。フランス産のマロンペーストを練りこんだ生地に渋皮栗と有機栗をゴロゴロ混ぜ込み、ラム酒が効いた「3種の栗のモンブランマフィン」や紫イモ生地にホワイトチョコを練りこみ焼き上げた「紫芋ホワイトチョコスコーン」などがそろう。ビーガンの人やアレルギーのある人でも食べられるそうなので注目しよう。


東京の浅草寺と富士浅間神社を繋ぐ参道にある「浅草よろず茶屋444」。オーガニック天然酵母と北海道産小麦キタノカオリを使用し、低温でゆっくり発酵させたカワイイ動物パンが人気。くまコッペ、ベーグル犬、かめロン、おさるのチョコバナナ、はりねずみのハリーくん、ねこロネ、あんパンダなど、商品名もキュート。愛くるしい表情のパンばかりなので食べるのをためらいそう。自分好みの動物(パン)を見つけに行こう。


■ 地元神奈川の名店もチェック


横浜・元町で誕生し神奈川を代表するパンの老舗といえば「ポンパドウル」。本場ヨーロッパの職人から受け継いだフランスパンと上質にこだわったデニッシュの技術で今もなお多くのファンを獲得。今回は、「第26回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」のインストア・リテールベーカリー製品部門で カリフォルニア・レーズン大賞を受賞した「カフェ・オ・レザン」に注目。コーヒーとレーズンが入ったカフェオレ風のブレッドになっている。


葉山に本店を構える「ブレドール葉山」。最上級のエシレバターや小麦粉や水、生クリームなどを使用し、香り高くしっとりとした味わい深い味に仕上げた「発酵バター入り角食パン」などが並ぶ。


洋光台にある「YOKOHAMA Bakery Chaleur(シャルール)」。地養卵を使いとろ~りとした食感を生み出している「自家製とろーりクリームぱん」や、4種のレーズンを惜しみなく入れた「4種のレーズンブレッド」、「やまや」の明太子にジャガイモを混ぜ合わせ、チーズと海苔で香ばしく焼き上げた「じゃが明太」など店の人気商品が並ぶ。



この他にも多彩な店が並び、ここだけの限定パンを出す店もあるのでチェックしよう。また、人気商品は売り切れる場合も多いので早めに出かけることをオススメ。確実にお目当ての商品をゲットしたい人は、11:00~13:30に先行入場できるチケット500円を購入しよう。(横浜ウォーカー・取材・文/瀧本充広)


【関連記事】

ステーキソースが決め手。スパイス香る、オリジナル牛骨ラーメン!

ハマの定番おやつ パン好き必食の「KIBIYAベーカリー 本店」

味もネーミングも“半端ない”!インパクト大の食パン専門店が橋本にオープン


関連ニュース

関連写真

気仙沼で2年ぶりのサンマまつりにかける思い...

今年もサンマの旬の季節が到来。食卓はもちろん、東京・目黒をはじめ全国各地でサンマにちなんだイベントが開催されている。一見当たり前のように見える営みだが、実は近年サンマは不漁の傾向が続いている。その影響を受け、昨年開催を断念したイベントもある。東北...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真