Sony

ニュース

  • 2018年 10月12日 02時00分
  • 提供元:共同通信
北九州市の開業医の夫(69)から痛み止めの薬剤を日常的に注射器で投与されていた女性が昨年春、自宅で死亡していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。死因は当初持病の心疾患に起因するものとされたが...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真