Sony

ニュース

  • 2018年 11月08日 05時44分
  • 提供元:共同通信
洞窟壁画をなぞったイラスト。黒い四角の枠内から4万年前の年代を示す試料が採取された。上部や四角の中に手形があり、左下には野生の牛らしき動物が描かれている(研究チーム提供)

写真拡大

洞窟壁画をなぞったイラスト。黒い四角の枠内から4万年前の年代を示す試料が採取された。上部や四角の中に手形があり、左下には野生の牛らしき動物が描かれている(研究チーム提供)

インドネシアのカリマンタン島東部の洞窟に残る野生の牛とみられる動物などを描いた壁画は4万年以上前のものとする調査結果を、同国やオーストラリア・グリフィス大の研究チームが7日付英科学誌ネイチャー電子版で...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真