Sony

ニュース

  • 2018年 11月09日 13時37分
  • 提供元:共同通信
10月31日に撮影された、北朝鮮・東倉里の西海衛星発射場の衛星写真。(1)鉄塔(2)地上に置かれた資材(3)解体された資材(4)5月26日以降、燃料貯蔵施設の屋根に取り付けられた設備(5)一部が解体された建物(プレアデス(C)CNES 2018、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)

写真拡大

10月31日に撮影された、北朝鮮・東倉里の西海衛星発射場の衛星写真。(1)鉄塔(2)地上に置かれた資材(3)解体された資材(4)5月26日以降、燃料貯蔵施設の屋根に取り付けられた設備(5)一部が解体された建物(プレアデス(C)CNES 2018、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)

【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は8日、10月31日撮影の商業衛星写真の分析結果として、北朝鮮北西部東倉里の「西海衛星発射場」の解体作業が8月以来、目立った進展を見せていない...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真