Sony

ニュース

「高コスパ」のエントリーモデルSSD 「Crucial」960GB

  • 2019年 01月10日 17時30分
  • 提供元:J-CAST
初心者にも安心のインストールガイドが付属

写真拡大

初心者にも安心のインストールガイドが付属

パソコン(PC)向けパーツなどを扱うCFD販売(名古屋市)は、「Crucial」ブランドから、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)「BX500」シリーズの960GBモデル「CT960BX500SSD1JP」を2019年1月中旬に発売する。

データ移行ソフトが無料ダウンロードで入手可能

コストパフォーマンスに優れるというエントリーモデル。デスクトップPCやノートPCのHDD(ハード・ディスク・ドライブ)から換装することで、起動時間の短縮やファイル読み込みを高速化するなど、システム全体のレスポンスが向上するという。


サイズは2.5インチ。インターフェイスはSATA 6Gbps。メモリータイプはMicron 3D NAND。シーケンシャル・リードが540MB/s、同ライトが500MB/s。無料でダウンロードできるデータ移行ソフトの利用を解説した「Acronis True Image簡単SSDインストールガイド」が付属する。


価格はオープン。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

「iPhone」失速、ファーウェイ「締め出...

世界のスマートフォン(スマホ)シェアは、韓国サムスン電子、中国の華為技術(ファーウェイ)、米アップルがトップ3だ。だが、各メーカーに「異変」が起きている。2007年に初代「アイフォーン(iPhone)」を発売してからスマホ業界をリー...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真