Sony

ニュース

SKE地上波キー局で4年ぶり冠番組 21日深夜

  • 2019年 01月11日 06時00分
  • 提供元:日刊スポーツ
「SKEBINGO!」の初回収録に臨んだSKE48の須田亜香里(前列中央左)松井珠理奈(同右)ら

写真拡大

「SKEBINGO!」の初回収録に臨んだSKE48の須田亜香里(前列中央左)松井珠理奈(同右)ら

SKE48がこのほど、21日深夜スタートの日本テレビ系新番組「SKEBINGO! ガチでお芝居やらせて頂きます!」(毎週月曜深夜1時29分)初回収録を都内スタジオで行った。

SKEにとって、地上波キー局での冠番組は約4年ぶり。地元東海地区でも放送され、松井珠理奈(21)は「SKEは今年、ナゴヤドームでのコンサートが目標です。番組を通じて好きになってもらって、ドームにも来たいと思っていただけたら」と意気込んだ。

テーマは「芝居」で、メンバー全員を対象にした本読みや、即興芝居をプロの演出家たちが見定めた。序列や実績は関係なく、演技の技量で活躍の場が与えられる。中でも高木由麻奈(25)は突然、歌いながら踊り出すミュージカル風の珍演技を披露し、スタジオを爆笑に包んだ。MCを務める三四郎の小宮浩信は「大女優も生まれてほしいけど、くせ者の役者もいい。今のところは高木」と度胸を絶賛した。

同局で以前、深夜ドラマ「SKE48のマジカル・ラジオ」を制作した際、毛利忍コンテンツプロデューサーが「SKEはお芝居にモチベーションが高い子が多い」と実感したという。「SKEは熱血集団なので、ガチなところに笑いや涙がついてくれば」と期待を寄せた。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真