Sony

ニュース

新元号予想、最多は「平和」…次代に願い託す

  • 2019年 01月12日 17時23分
  • 提供元:読売新聞
新元号を予想するクイズコーナーが設置された入浴施設(8日、川崎市で)

写真拡大

新元号を予想するクイズコーナーが設置された入浴施設(8日、川崎市で)

 新元号が改元1か月前の4月1日に発表されることが決まり、次の元号を予想するアンケートなどが注目を集めている。昭和から平成に変わる時の「自粛」とは異なる雰囲気のなか、多くの人が様々な元号を予想し、新時代に願いを託しているようだ。
 「平和」「安久」――。
 これは、ソニー生命保険(東京都千代田区)が昨年3月、1000人を対象に新元号を予想するインターネット調査を実施し、上位となったものだ。
 「平和」が47人と最多で、「和平」(19人)、「安久」(17人)と続いた。「自由」や「希望」という予想も寄せられた。
 同社の担当者は「平成は阪神大震災や東日本大震災など災害が相次いだ。平和で安心できる世の中への願いが込められているのでは」と分析する。
 東京都中央区のリサーチ会社「テスティー」も昨年9月、男女1747人に次の元号を漢字2文字で予想するアンケートを行った。使われた漢字は「和」(回答数166)が最も多く、次いで「平」(同98)、「成」(同76)の順だった。

関連ニュース

関連写真

教員支援へ都が人材バンク…OBら登録し派遣

長時間労働が問題になっている教員の働き方改革を進めるため、東京都教育委員会は、部活動や課外授業など公立校の教職員の業務を一元的に支援、代行する「教育財団」を創設する。教員OBや地域の高齢者らを財団の「人材バンク」に登録して各校に派遣するもので、学...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真