Sony

ニュース

新型インフル薬、粉末で備蓄へ…保管費用を削減

  • 2019年 01月12日 19時09分
  • 提供元:読売新聞
 厚生労働省は、次の新型インフルエンザ対策として国が用意しているタミフルなどの抗ウイルス薬の備蓄方法を見直す方針を決めた。一部を製剤ではなく、粉末状態の「原薬」で備蓄する。製剤で保管するよりも場所を取らず、保管費用を減らせると判断した。
 11日開かれた、厚労省の小委員会で説明した。見直しの対象は、国が管理している約1750万人分のうち、約3か月で製剤に加工できる量。今後、製薬企業に具体的な見積もりをしてもらい、有効期限が切れる分から順番に切り替える。
 国は新型インフルエンザ対策として、都道府県と合わせて計約3500万人分の薬を備蓄している。さらに市中に流通する約1000万人分を加え、計約4500万人分で対応する計画だ。流行が起きて市中の薬剤が不足したら、まず都道府県の備蓄分を医療機関に供給し、その後は都道府県の要請に応じて国の備蓄を放出する。現在備蓄している薬は5種類で、カプセルや吸入式の粉末剤などがある。

関連ニュース

関連写真

イプシロン打ち上げ成功…人工流れ星衛星を分離

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))の固体燃料ロケット「イプシロン」4号機(全長26メートル)が18日午前9時50分、鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。搭載している企業や大学の民間衛星7基は、すべて正常に...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真