Sony

ニュース

マケドニア議会、国名変更に関する改憲案を承認

  • 2019年 01月12日 21時39分
  • 提供元:読売新聞
 【ローマ=佐藤友紀】バルカン半島の内陸国マケドニアの議会は11日、隣国ギリシャと合意していた「北マケドニア共和国」への国名変更に関する憲法改正案を承認した。今後、ギリシャ議会での改称の承認を待って、正式な改称手続きに入る。
 改憲案承認により、ギリシャが反対してきたマケドニアの欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)への加盟に大きく前進した。改称が成立すれば、EUやNATOの拡大に神経をとがらせるロシアと欧米とのせめぎ合いに影響しそうだ。
 ロイター通信によると、賛成は81票と、承認に必要な議会定数(120)の3分の2(80票)をかろうじて上回った。与党議員に加え、野党の一部議員も賛成した。ギリシャ政府は歓迎の意を表明したが、ギリシャ国内には改称後も「マケドニア」の名が残ることに反対する勢力があり、議会承認が得られるかどうかは予断を許さない状況だ。

関連ニュース

関連写真

「思いやりの日本」「傍若無人の韓国」=人気...

朝鮮日報は、人気を集める飲食店などの前にできる行列をめぐり、「思いやりの日本」に対し、「傍若無人の韓国」は大違いと論じる記事を掲載した。同紙は背景として、識者による「他人への配慮が身に付いている日本に比べ、韓国は『他人よりまず自分』という認識が強い...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真