Sony

ニュース

流通経大柏・関川、リベンジ舞台へ秋田直伝ヘッド弾

  • 2019年 01月12日 21時47分
  • 提供元:日刊スポーツ
瀬戸内対流通経大柏 前半、チーム3点目を頭で決める流通経大柏DF関川(左)(撮影・山崎安昭)

写真拡大

瀬戸内対流通経大柏 前半、チーム3点目を頭で決める流通経大柏DF関川(左)(撮影・山崎安昭)

<全国高校サッカー選手権:流通経大柏5-0瀬戸内>◇準決勝◇12日◇埼玉

もう迷いはない。鹿島に加入する流通経大柏のDF関川郁万(3年)が、またも“大先輩直伝”のヘディングシュートをたたきこんだ。

前半42分、左CKからのクロスに走り込み、頭ひとつ抜け出してネットを揺らした。3回戦の星稜戦に続く頭での一発は、試合の行方を決める3点目。チームを2年連続の決勝進出へ導き「去年の借りを返すためには勝たないといけなかった」と力を込めた。

空中戦に圧倒的な自信を持ち「理想は得点もとれて、守れる選手」と口癖のように言ってきた。しかし、実は今季公式戦で頭で決めた得点は今大会の2点のみ。1年前から相手の厳しいマークに苦しむようになり「悩んでいてパフォーマンスが悪かった」。左膝の半月板損傷による長期離脱もあった。長いトンネルを抜け出させたのは鹿島の大先輩、元日本代表DF秋田豊氏の言葉だった。

J1通算23得点中、頭では17得点と空中戦で無類の強さを誇った男が昨年9月中旬、練習場を訪れた。手がけるトレーニング器具をチームで購入した縁だった。競り合いの極意をたずねると「周りの選手は気にせず、自分の一番上でたたけばいい。お前に空中戦で勝てるやつはいないから」。関川は「速いテンポで先に跳んで、相手のジャンプも利用するようにした」。身長の高い相手にも競り勝てるようになった。大会前の練習試合では頭での得点を重ね「やっと合ってきました」と手応えをつかんだ。

ついにリベンジの舞台に立つ。敗れた前回の決勝戦は今も夢に出てくる。「まだ戻ってきただけ。決勝で勝たないと意味がない」。高校最後の決戦に全てをかけて臨む。【松尾幸之介】

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真