Sony

ニュース

走り高跳び戸辺直人がスロバキアの国際競技会でも優勝=中国メディア「もう少しで日本記録を再更新」

  • 2019年 02月10日 16時10分
  • 提供元:Record China
10日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、9日にスロバキアで行われた陸上男子走り高跳びの国際室内競技会で日本の戸辺直人が2メートル33で優勝したことについて、「もう少しで日本記録を再び更新するところだった」と報じた。資料写真。

写真拡大

10日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、9日にスロバキアで行われた陸上男子走り高跳びの国際室内競技会で日本の戸辺直人が2メートル33で優勝したことについて、「もう少しで日本記録を再び更新するところだった」と報じた。資料写真。

2019年2月10日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、9日にスロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われた陸上男子走り高跳びの国際室内競技会で日本の戸辺直人が2メートル33で優勝したことについて、「もう少しで日本記録を再び更新するところだった」と報じた。



記事は、2日にドイツのカールスルーエで行われた室内競技会で日本新記録となる2メートル35をマークして優勝した戸辺について、「好調を維持したままスロバキア入りし、2メートル30で優勝を決めた後、2メートル33を2回目にクリアし、2メートル36に挑戦したが失敗した」とし、「成功していれば日本記録を再び更新するところだった」と伝えた。



記事はまた、チェコ・フストペチェの競技会で2メートル30で優勝し、カールスルーエでは2メートル31で2位だった中国の王宇(ワン・ユー)が、今回は2メートル27で6位にとどまったとも伝えた。(翻訳・編集/柳川)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真