Sony

ニュース

11位確定の北海道、ドローで今季終える Fリーグ

  • 2019年 02月11日 19時05分
  • 提供元:日刊スポーツ
エスポラーダ北海道の選手ら(2018年6月24日撮影)

写真拡大

エスポラーダ北海道の選手ら(2018年6月24日撮影)

<Fリーグ>◇第33節◇11日◇東京・駒沢屋内球技場

11位が確定していたエスポラーダ北海道は、大分との今季最終戦を4-4で引き分けた。

13試合ぶりの勝利はならなかったが、2点を追う後半に内田洸介(21)宮原勇哉(22)の得点でドローに持ち込んだ。最下位を回避し1部残留は決まっていたが、リーグ参戦10季目で、参加チーム数の違いはあるが11位はワーストだった。

関連ニュース

関連写真

町田が悲願J1昇格へ サイバーエージェント...

J2町田ゼルビアが22日、都内でホーム開幕戦(24日・町田市陸上競技場)で対戦する東京ヴェルディと公式合同記者会見を行い、昨年10月にクラブの親会社となったIT関連大手サイバーエージェントの手厚い支援を追い風に悲願のJ1昇格を誓った。会見には町田の...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真