Sony

ニュース

マルシャルがロナウド超え、106試合33G17A

  • 2019年 02月11日 20時13分
  • 提供元:日刊スポーツ

マンチェスターUのFWアントニー・マルシャル(23)は、OBで世界ナンバーワンのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)より早く50得点ポイント(得点+アシスト)に到達した。11日付の英紙サン電子版が報じた。

9日のフラム戦で、ハーフエラインからドリブルで持ち込み、相手DF2人をかわしてゴールを奪い、マンチェスターUで33得点目をとなった。アシストが17で、出場106試合目にして50得点ポイントに到達した。

このゴールはロナウドがマンチェスターU在籍時の07年に挙げたゴールに似ているとして、2人が比較された。スールシャール暫定監督は「(ロナウドのゴールに似ているとは)考えていなかった」と話しながらも「彼のバランスはファンタスティックで、非常に力強い。相手を軽くあしらうほど早い」とマルシャルの能力を絶賛していた。

同電子版では、ロナウドがマンチェスターUでデビューしてから50得点ポイントに到達したのは、118試合目だったと報じた。得点は32得点で18アシストと、内訳はマルシャルとほぼ同じ結果。だが、マルシャルの方が12試合少ない試合数で到達と伝え、ロナウド越えを果たしたと報じた。

関連ニュース

関連写真

町田が悲願J1昇格へ サイバーエージェント...

J2町田ゼルビアが22日、都内でホーム開幕戦(24日・町田市陸上競技場)で対戦する東京ヴェルディと公式合同記者会見を行い、昨年10月にクラブの親会社となったIT関連大手サイバーエージェントの手厚い支援を追い風に悲願のJ1昇格を誓った。会見には町田の...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真