Sony

ニュース

元フジの「住職」松倉悦郎アナ逮捕、鍵で車傷つける

  • 2019年 02月11日 21時44分
  • 提供元:日刊スポーツ
松倉悦郎氏(1993年12月26日撮影)

写真拡大

松倉悦郎氏(1993年12月26日撮影)

元フジテレビアナウンサーで住職の兵庫県姫路市、松倉悦郎容疑者(73)が11日、姫路署に器物損壊容疑で現行犯逮捕された。

1968年(昭43)、逸見政孝さんの同期として入社。スポーツ中継などで活躍したが17年前に退社し僧侶に転身し当時、話題になった。

逮捕容疑は11日午後0時55分ごろ、姫路市内の民家の駐車場にとまっていた、市内の男性(26)が所有する乗用車のボンネットにかぎで線状に約30センチにわたる傷をつけた疑い。姫路署によると当初は否認していたが、その後容疑を大筋で認め「しょうもないことをしてしまいました。傷をつけてしまいました」などと供述しているという。詳しい動機などについては今後、調べる方針。かぎは4本くらいの束で、キーケースに入れられていたという。

姫路市内では今月8日から同様の事件が現場付近で頻発しており、約50台が傷をつけられるなどの被害に遭っていたという。そのため松倉容疑者はこの日、近くで警戒にあたっていた警察官に、当該乗用車の前を歩きながら傷をつける様子を現認され、現行犯逮捕されたという。同署では関連性を調べるとともに余罪についても捜査している。

アナウンサー時代、プロ野球中継などで知られたほか、72~75年には「3時のあなた」のサブ司会、78~80年には「小川宏ショー」のアシスタントを務めるなど、人気番組にも出演した。逸見さんが93年に亡くなった際、葬儀では弔辞も読んだ。逸見さんとは早大文学部演劇学科でも同期で、30年来の親友の最期もみとったという。逸見さんが亡くなったことが仏門入りのきっかけだったという。

フジテレビ在職中の93年、僧侶養成学校の通信制に入学し94年末に得度。妻の実家である善教寺(姫路市)での僧侶としての名は「結城思聞(ゆうき・しもん)」で06年に住職に就任。

関連ニュース

関連写真

宮下草薙「月笑」開幕戦制す 昨年9月から4...

12年目を迎えた太田プロ所属のお笑い芸人による定期ライブ「月笑(ゲツワラ)」が18日、東京・内幸町のイイノホールで行われ、宮下草薙が開幕戦を制した。自分の部屋を、遊びに来た先輩に虫かごのように落書きされ、揚げ句の果てには、ファーブルの子孫の虫相撲大...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真