Sony

ニュース

風男塾の瀬斗光黄が卒業「プロゲーマーになりたい」

  • 2019年 02月11日 22時00分
  • 提供元:日刊スポーツ
中野サンプラザでコンサートを開催した風男塾の、左から紅竜真咲、藤守怜生、香月大弥、瀬斗光黄、桜司爽太郎、愛刃健水、草歌部宙

写真拡大

中野サンプラザでコンサートを開催した風男塾の、左から紅竜真咲、藤守怜生、香月大弥、瀬斗光黄、桜司爽太郎、愛刃健水、草歌部宙

男装ユニット「風男塾」が11日、東京・中野サンプラザでコンサートを行い、メンバーの瀬斗光黄(年齢非公表)が卒業した。今後は芸能界を引退するといい「風男塾の1番のファンになりたい。プロゲーマーになって、eスポーツに出たい」と話した。

公演前に囲み取材に応じた瀬斗は「中野サンプラザは聖地といっても過言じゃない。こういったすてきな場所で卒業できるのは光栄。ファンの方の声援やメンバーやスタッフさんの支えがあって迎えられる。悔いがないように、笑顔いっぱいの公演にしたい」と意気込んだ。また、愛刃健水らメンバーから「光黄くん、9年間お疲れさまでした」

とねぎらわれ、サプライズでメンバーやスタッフからの寄せ書きを送られると、「すごい! うれしい、ありがとうございます」と感激した。

この日は約2200人のファンを前に新曲の「ツバメ」など22曲を披露。また、新メンバーとして香月大弥と桜司爽太郎の加入も発表された。香月は「受け入れていただけるよう頑張りたい」。桜司は「自分らしい(メンバーカラーの)ピンクをつくっていきたい」と意気込んだ。

関連ニュース

関連写真

宮下草薙「月笑」開幕戦制す 昨年9月から4...

12年目を迎えた太田プロ所属のお笑い芸人による定期ライブ「月笑(ゲツワラ)」が18日、東京・内幸町のイイノホールで行われ、宮下草薙が開幕戦を制した。自分の部屋を、遊びに来た先輩に虫かごのように落書きされ、揚げ句の果てには、ファーブルの子孫の虫相撲大...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真