Sony

ニュース

えっ…松倉容疑者モットーは「不条理に対する怒り」

  • 2019年 02月11日 22時09分
  • 提供元:日刊スポーツ
松倉悦郎氏(1993年12月26日撮影)

写真拡大

松倉悦郎氏(1993年12月26日撮影)

元フジテレビアナウンサーで住職の兵庫県姫路市、松倉悦郎容疑者(73)が11日、姫路署に器物損壊容疑で現行犯逮捕された。

1968年(昭43)、逸見政孝さんの同期として入社。スポーツ中継などで活躍したが17年前に退社し僧侶に転身し当時、話題になった。

松倉容疑者は、自身のブログで「社会に目を向ける行動派住職」と称している。定期的に「法話会」を開き、姫路で子供のための社会的活動もしているという。「世の中の不条理なことに対する怒り」などを原則実名で記しているとも紹介している。本人のものとみられるフェイスブックでは善教寺のキャッチコピーとして「楽しくなければお寺じゃない」と、80年代のフジテレビのキャッチコピーをもじった言葉を記している。

またツイッターでは昨年11月、元フジテレビ河野景子さんに電話したという趣旨のこともつづっていた。08年に著書「値遇 私を変えた仏縁・人縁」を発売した。

関連ニュース

関連写真

宮下草薙「月笑」開幕戦制す 昨年9月から4...

12年目を迎えた太田プロ所属のお笑い芸人による定期ライブ「月笑(ゲツワラ)」が18日、東京・内幸町のイイノホールで行われ、宮下草薙が開幕戦を制した。自分の部屋を、遊びに来た先輩に虫かごのように落書きされ、揚げ句の果てには、ファーブルの子孫の虫相撲大...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真