Sony

ニュース

[深層NEWS]児童虐待、馳氏「しつけと容認してはならない」

  • 2019年 02月11日 23時44分
  • 提供元:読売新聞
 馳浩・元文部科学相と名古屋大・内田良准教授が11日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、千葉県野田市の小学4年栗原心愛みあさん(10)が死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受けて、児童虐待をテーマに意見を交わした。
 馳氏は事件の背景について、「児童相談所が親との関係性を壊したくないとの考えから単独で対応しようとしてしまった」と指摘。「体罰は禁止すると法律で明文化するべきだ。しつけとして容認してはならない」と訴えた。内田氏は虐待が疑われる保護者への学校の対応について、「強硬な態度で来た場合、先生だけでは対応できないという前提に立つべきだ。専門家をどう介入させていくかを考えなければならない」と語った。

関連ニュース

関連写真

一足お先、春ほころぶ…偕楽園で梅まつり始まる

日本三名園の一つ、水戸市の偕楽園で16日、123回目の「水戸の梅まつり」が始まった。「八重寒紅(やえかんこう)」など早咲き品種が開花し、訪れた人は一足早い春の訪れを満喫した。  最高気温13・1度と3月下旬並みの暖かさとなり、観光客や家族連れらは...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真