Sony

ニュース

ダニエルさん36歳で死去「真面目で優しく」大分追悼

  • 2019年 02月12日 06時48分
  • 提供元:日刊スポーツ
11年4月、神戸FW大久保(左)と甲府DFダニエルさん

写真拡大

11年4月、神戸FW大久保(左)と甲府DFダニエルさん

ヴァンフォーレ甲府や名古屋グランパス、大分トリニータでプレーしたブラジル出身のダニエル氏が10日に死去したと、プロとしてデビューした地元クラブのカボフリエンセが公式ツイッターで発表した。

36歳だった。大分在籍時にがんと診断されたことを発表。15年には主将を務め、翌年にはJ3優勝に導いたが、シーズン終了後に現役を引退した。その後は闘病生活を続けながら指導者となり、昨年はカボフリエンセのU-17コーチとU-20のアシスタントを務めていた。

Jリーグ最初のクラブとなった甲府は「ダニエルの勇姿を私たちは忘れません」と発表。12年からプレーした名古屋では「名古屋でともに闘った日々を私たちは忘れません」。最後のプロクラブとなった大分も「真面目で優しく、チームメートやスタッフからとても愛された選手でした」と追悼した。

関連ニュース

関連写真

久保建英、横浜移籍で成長「及第点。次は得点...

<明治安田生命J1:川崎F0-0東京>◇第1節◇23日◇等々力FC東京MF久保建英(17)が王者・川崎フロンターレを相手に多くの見せ場を作った。右サイドで先発し、リーグ戦では自己最長となる77分間プレーした。高速FKを右ポストに直撃させるなど、攻撃...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真