Sony

ニュース

木村佳乃「筋肉痛に」木村多江とW木村ビンタ合戦

  • 2019年 02月12日 16時00分
  • 提供元:日刊スポーツ
取っ組み合いのバトルをする左から木村佳乃、木村多江(カンテレ提供)

写真拡大

取っ組み合いのバトルをする左から木村佳乃、木村多江(カンテレ提供)

木村佳乃(42)が主演するフジ系の連続ドラマ「後妻業」(火曜午後9時)の第4話が12日に放送される。木村演じる小夜子と小夜子のライバル、中瀬朋美役の木村多江(47)とのバトルは見どころの1つ。第4話ではついにW木村がビンタ合戦からつかみ合いになる。身体を張った演技に木村佳乃は「筋肉痛になりました」と笑顔で振り返った。

ドラマは、「疫病神シリーズ」などで知られる黒川博行氏の小説「後妻業」が原作。大竹しのぶ主演で「後妻業の女」として映画化され話題作となった。

ドラマは大阪が舞台。小夜子は資産家の高齢男性と結婚し、その死後に多額の遺産を手にする「後妻業」がなりわい。後妻業の黒幕となる結婚相談所の社長、柏木亨を高橋克典が演じる。父が後妻業のターゲットとなった小夜子のライバル、中瀬朋美役を木村多江が演じる。

小夜子が新たな後妻業ターゲットとして大手外食チェーン「うどんのトガシ」会長の富樫幹夫(佐藤蛾次郎)を狙っていることを知った朋美は、富樫が入居する老人ホームを訪れる。朋美は富樫に、小夜子との関係を絶った方がいいと忠告。そのとき、小夜子が現れ、2人のバトルが始まる。朋美が先に小夜子にビンタすると、小夜子もビンタを返す。取っ組み合いのけんかに発展する。撮影を終えた木村佳乃は「ビンタから取っ組み合いで身体を酷使して、筋肉痛になりました」と笑顔。また、このけんかについて「朋美と小夜子の関係性が出たシーン。会えば互いに言いたいことを言いあっている2人の距離がぐっと近くなった」と明かした。

バトルのシーンでは木村佳乃の「変顔」に、木村多江も変顔返しのアドリブもあった。「変顔については、今までやったことがなかったのであれが限界かもしれないです(笑い)。アドリブで佳乃さんがやってきたので、私も対抗してやってみたらまさかのノーリアクションで…。思わず、ノーリアクションかいって口から出てました。漫才みたいにツッコミで言ってみたんですけど(笑い)」と話した。

今回の舌戦の合間で小夜子と朋美の胸を富樫が触り比べるというシーンも。富樫は「こっちのおっぱいの勝ちや」と、“判定”を下し、大喜びだった。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真