Sony

ニュース

BDや長期保存「M-DISC」の記録や再生が可能 ポータブルライター

  • 2019年 02月12日 17時00分
  • 提供元:J-CAST
コンパクトながら多彩な機能が満載

写真拡大

コンパクトながら多彩な機能が満載

パイオニアは、パソコン用ポータブルブルーレイディスク(BD)/DVD/CDライター2モデルを2019年2月中旬に発売する。

USB 3.1 Gen1対応のUSB Type-Cコネクターを装備

いずれも縦置きが可能なスロットローディング方式を採用。BD/BDXLに加え、データの長期保存が可能なアーカイブ用光学メディア「M-DISC」への記録・再生が可能だ。電源供給や高速転送ができるUSB 3.1 Gen1対応のUSB Type-Cコネクターを装備。給電対応のUSB Standard A-Type-C、USB Type-C-Type-Cの2本のケーブルが付属する。


そのほかオーディオCDのデータを忠実に読み取る「PureRead4+」、リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑える「RealTime PureRead」などの機能を搭載する。


別売のワイヤレスドック「APS-WF01J-2」と組み合わせれば、iPhone、iPadやAndroid向けの無料音楽アプリ「Wireless Hi-Res Player ~Stellanova~」を使用して、パソコンを介さずに音楽CDをワイヤレスで取り込める(AndroidはUSB接続にも対応)。また、無料のiPhone・iPad用アプリ「Wireless Photo Server ~Snap Pod~」を使用すれば、端末内の画像や動画をワイヤレスでBDに書き込める。


Windows向け「BDR-XS07B-UHD」は、4Kコンテンツ「Ultra HD BD」の再生に対応。CyberLink製の動画再生/動画編集/ディスク書き込みなどの各種ソフトを同梱する。


カラーはマットブラック。


Mac向け「BDR-XS07JM」は、Roxio製ソフト「Toast 17 Titanium + BD Plug-in」が無料でダウンロードできる。


カラーはシルバー。


いずれも価格はオープン。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真