Sony

ニュース

仙台平瀬智行氏が講話「続けていれば必ずチャンス」

  • 2019年 02月12日 20時14分
  • 提供元:日刊スポーツ
平瀬智行氏(2019年1月8日撮影)

写真拡大

平瀬智行氏(2019年1月8日撮影)

J1ベガルタ仙台のクラブコーディネーターを務める平瀬智行氏(41)が12日、東北少年院(仙台市若林区)で職業講話を行った。昨年まで3度のサッカー教室などで同少年院と関わっており、初の講話ではサッカー人生を振り返りながら約1時間、16~20歳の在院者54人に熱っぽく語りかけた。

10年までJ1の4クラブでプレーし、J1鹿島アントラーズではJリーグ初の3冠にも輝いた。だが、その裏でけが、挫折などの失敗も経験。スパルタ練習に耐えた高校時のエピソードなどを交えながら、「やめることは簡単。続けることは本当に難しい。続けていれば必ずチャンスはくる。努力はチャンスをつかむための準備」と、夢に向かって努力する姿勢を訴えた。さらに人との絆や感謝する心の大切さを強調。質問コーナーでは「壁に当たったら」の問いに、「強行突破しないで少し脇道にそれてもいい。ヒントが見つかるかもしれない。気持ちを切らさず、自分を守るために冷静に危険を回避する」と助言した。

過去に少なからず挫折や失敗を味わった在院者たち。今春、退院後の就職が内定している19歳の青年は「不安はありますが失敗を塗り替え、一人前になれるように準備したい」と前向きに話した。【佐々木雄高】

関連ニュース

関連写真

広島新助っ人サロモンソンが初ゴール 勝ち点...

<明治安田生命J1:広島1-1清水>◇第1節◇23日◇Eスタ主力に負傷者続出のサンフレッチェ広島が、新助っ人に救われた。ホームで迎えた清水エスパルスとの開幕戦。前半30分に先制されたが後半12分、新加入のDFエミル・サロモンソン(29)がダイレクト...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真