Sony

ニュース

「空の袋は立たない」浦和食事改革は監督要望で実現

  • 2019年 02月12日 20時15分
  • 提供元:日刊スポーツ
12日からクラブハウスで朝食が食べられるように(浦和レッズ提供)

写真拡大

12日からクラブハウスで朝食が食べられるように(浦和レッズ提供)

浦和レッズが食事改革をスタートさせた。12日からクラブハウスでの朝食の用意を始め、この日は選手全員が訪れた。

朝食はオリベイラ監督が就任当初から要望してきたことで、22日のJ1開幕を前に実現した。ビュッフェ形式で、各選手がその日の体調や好みに合わせて和洋食から選んで食事を取れるようになっている。

オリベイラ監督は、幼い頃に母からよく言われていたという「空の袋は立たない」という言葉を引き合いにだし、練習前にしっかりとした食事をとることを浦和にくる前からクラブに要望し続けてきたことを明かした。「車も燃料なしでは走らない。健康面でもハイレベルでなくては」と、ぬかりなく万全の体調を作り上げる。

関連ニュース

関連写真

広島新助っ人サロモンソンが初ゴール 勝ち点...

<明治安田生命J1:広島1-1清水>◇第1節◇23日◇Eスタ主力に負傷者続出のサンフレッチェ広島が、新助っ人に救われた。ホームで迎えた清水エスパルスとの開幕戦。前半30分に先制されたが後半12分、新加入のDFエミル・サロモンソン(29)がダイレクト...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真