Sony

ニュース

中国のホテルで新たな問題、「チェックアウト時と同じ清掃」を依頼すると…―中国メディア

  • 2019年 02月12日 21時30分
  • 提供元:Record China
12日、江蘇新聞は、浙江省杭州市のチェーンホテルで部屋の清掃をチェックしたところ、トイレ掃除に関して新たな問題が見つかったと報じた。

写真拡大

12日、江蘇新聞は、浙江省杭州市のチェーンホテルで部屋の清掃をチェックしたところ、トイレ掃除に関して新たな問題が見つかったと報じた。

2019年2月12日、江蘇新聞は、浙江省杭州市のチェーンホテルで部屋の清掃をチェックしたところ、トイレ掃除に関して新たな問題が見つかったと報じた。



記事によると、宿泊客を装った調査者が同市内にある同じチェーンのホテル2カ所にそれぞれ宿泊し、部屋の清掃状況をチェックした。まず、チェックインした際の客室の印象について、1カ所目は「交通の便が良い場所にあり、ハード面の設備も良好。標準価格400元(約6500円)余りの部屋だが、細かい部分でちょっとした問題はあったものの、部屋全体の衛生状態は良好だった」とした。2カ所目に宿泊した269元(約4400円)の部屋は、「設備の老朽化が目立つものの、ベッドメイキングはきれいにできていた。ただ、トイレの便座の掃除があまりできていない。カップなどを専門の消毒室で消毒している点は称賛できるが、残念ながらシミが残っていた」と伝えている。



調査者はそれぞれの部屋に1晩宿泊した翌日、部屋にカメラを仕掛けたうえで「チェックアウト時と同じように清掃してほしい」と依頼、清掃状況のチェックを行った。



1カ所目では、担当者がまずトイレ付近の床の清掃や飲料水の補充を行った後、トイレの清掃を実施。「チェックアウトと同じように」という指示がちゃんと伝わらなかったのか寝具や茶器の交換が行われなかった一方、それ以外についてはルールに従いしっかり掃除が行われたという。



一方で、2カ所目では洗面台を客用のタオルで拭いたほか、便器の清掃は濡らしたトイレットペーパーで少し拭くだけで終了というお粗末なものだったほか、シーツや枕カバーも交換されなかったという。



記事は「同じブランドのホテルであるにもかかわらず、これほどの大きな差が一体どうやって生じてしまうのか」と疑問を投げ掛けている。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

<コラム>春5月、蘇州の街路には梓の木が一...

江蘇省蘇州市は歴史の古い都市である。その起源は今から2500年前の呉王闔閭の時代に遡り、秦・漢・唐時代から現代まで同一の敷地が脈々と使い続けられている。都市の敷地が変らずに活用され続けたという意味では、世界で最も長い歴史都市である。蘇州は南宋建炎4...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真