Sony

ニュース

「キリン 午後の紅茶」×「グリコ ポッキー」=ティラミス味!?通天閣で先着のプレゼント企画も

  • 2019年 02月12日 23時07分
  • 提供元:東京ウォーカー
開発担当者によるトークセッション。コンセプトや美味しい食べ方などを聞いた

写真拡大

開発担当者によるトークセッション。コンセプトや美味しい食べ方などを聞いた


2月12日(火)、通天閣で「キリン 午後の紅茶」と「グリコ ポッキー」の新商品発表会&ヒット祈願が行われた。開発担当者が語ったコンセプトや、新商品の美味しい食べ方などをご紹介!


キリンビバレッジから新発売の「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」




今回発売されたのは、食べ合わせやパッケージの組み合わせが面白いと人気の、キリンビバレッジと江崎グリコのコラボ商品第5弾。“平成最後のコラボ”とあって“あの頃の青春Days”をコンセプトに、平成に青春時代を過ごした人たちが思わず懐かしく感じるような仕掛けがあるそう。



■ 一緒に食べると、まるで“ティラミス”!?新発売の商品はコチラ


キリンビバレッジからは、ここ数年で人気急上昇のチーズティーを手軽に楽しめる「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」が発売。濃厚なチーズとミルクのコクがクセになる味わい。




江崎グリコからは、ほろ苦いココアプレッツェルに優しい甘さのコーヒークリームをたっぷり二度がけした「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」が登場した。




なんとこの2つの商品、一緒に食べると平成のはじめに大流行したスイーツ・ティラミスの味になるという。



楽しみ方は簡単!学生時代の気持ちを思い出しながらポッキーをふたくち、午後の紅茶をひとくち、これを繰り返すだけ。より濃厚なティラミス感を楽しむなら、紅茶もポッキーも常温の状態にするといいのだとか。



■ パッケージには懐かしい青春の一コマが!


パッケージには、平成元年~9年、平成10年代、平成20年代の3つの年代で流行ったファッションや持ち物、文化など思わず「あったあった!」と共感できる青春時代を表現。




各年代のイラストを組み合わせると、男女が手をつないだり、ポッキーを食べさせあったりと、さまざまなパターンが楽しめる。パッケージは全部で11種類あるので、集めて“あの頃の青春Days”を振り返ってみて。




■ 通天閣でバレンタインイベントに参加すると商品がもらえるキャンペーンも


通天閣では2月14日(木)までバレンタインイベント「チュー天閣2019」を開催中。




18歳以上のカップルでキスをすると一般入場料大人2人1400円が半額の700円、5階屋外展望台「天望パラダイス」の入場料2名1000円が半額の500円に!さらに通天閣の高さ108mにちなみ、「チュー天閣」イベントに参加した先着108組に、2019年度通天閣バレンタインアイテムに認定されたキリンビバレッジ「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」と江崎グリコ「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」をセットでプレゼントしているので、ぜひ訪れよう!(関西ウォーカー・中治理愛子)


関連ニュース

関連写真

ヨックモックの50年支える“お菓子と会話”...

製菓メーカーのヨックモックが今年で50周年を迎える。一度は食べたことがあるといわれる葉巻型クッキー「シガール」がお土産の定番品として親しまれる裏で、包装フィルムの切れやすさにこだわるなど徹底した品質管理で事業を拡大。現在はグループで年商200億円...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真