Sony

ニュース

SKE大場美奈、次世代担う小畑優奈に期待していた

  • 2019年 02月12日 23時40分
  • 提供元:日刊スポーツ
大場美奈(18年6月撮影)

写真拡大

大場美奈(18年6月撮影)

SKE48小畑優奈(17)が12日、名古屋・SKE48で開催された「最後のベルが鳴る公演」で卒業を発表した。

卒業を発表した公演後、湯浅洋SKE48劇場支配人はツイッターを更新し、「去年よりアイドルはやりきったので卒業して、新しいことをやってみたいと相談を受けていました。もう少し長くやってほしかったです。本人が決めたことなので尊重はしますが、残念です」と思いをつづった。

また、公演後の小畑のコメント動画も公開した。動画では「え~というファンの声が上がって、それは予想していなかったの本当にうれしいなという気持ちでいっぱいでした」と笑顔で話した。

「隠し通すのが苦手なので、すっきりしているかもです」とほほ笑み、「ちゃんと自分で思っていることを伝えられたのは、今の自分の中では新しい1歩が踏めるので、すがすがしいです」と話した。

卒業については「結構前から決めていて、いろいろ話し合ってこういうかたちになりました」とし、「ここで経験できたことはすごく大きいなと思うし、私の人生に中で1番大きな出来事だからしっかり無駄にせずに生かして、新たなステップにつなげられたらいいなと思います」と笑顔で語った。

また、所属するチームK2リーダー大場美奈(26)は「ゆなの発表」と題したブログを更新。「まだまだこれからのSKE48にはゆなが必要です。芯がしっかりあって、まっすぐ前を向いていられる子はなかなか居ません。こんな存在が、この先SKE48の先頭を走ってくれるのだと思ってました」と次世代を担う存在として、期待していた思いをつづった。

「でも、ゆな自身はアイドルではない新しい夢をしっかり見つけたみたいです。卒業って寂しすぎて信じたくないし、なかなか会えなくなるのが、遠くにいってしまう感じが、すごく悲しいから、誰もが避けたくなることだけど、でも卒業って悪いことじゃないんだよね」と自分に言い聞かせるに思いをしたため、「大好きな子が、これを、あれを、やりたいってすてきな夢を見つけたってこと。難しいことだけど、背中をきちんと押してあげたい」とした。

5日に卒業公演を開催した松村香織(28)は4月末日、小畑は3月末が最終活動の予定だ。

「かおたんもゆなも旅立つ。大好きな2人が居なくなるのはすっごくすっごく寂しいけど、新しい1歩を踏み出すのはかっこいいなって思います」とし、「なにより、ゆなが楽しく幸せにいられますように」と締めくくった。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真