Sony

ニュース

世界を揺るがす大スキャンダル!?多数の中国人がボストンマラソン出場資格を偽造か―中国メディア

  • 2019年 04月17日 20時20分
  • 提供元:Record China
中央人民ラジオ局・中国之声の17日付の報道によると、中国で開催されるマラソン大会で相次ぐ不正が問題になる中、15日に行われた「第123回ボストンマラソン」で中国人ランナーが参加資格を偽造したとの疑いが浮上した。資料写真。

写真拡大

中央人民ラジオ局・中国之声の17日付の報道によると、中国で開催されるマラソン大会で相次ぐ不正が問題になる中、15日に行われた「第123回ボストンマラソン」で中国人ランナーが参加資格を偽造したとの疑いが浮上した。資料写真。

中央人民ラジオ局・中国之声の17日付の報道によると、中国で開催されるマラソン大会で相次ぐ不正が問題になる中、15日に行われた「第123回ボストンマラソン」で中国人ランナーが参加資格を偽造したとの疑いが浮上した。



大会の公式ウェブサイトによると、同大会には3万人余りの選手が参加し、そのうち中国人は951人だった。前年の682人から4割ほど増加した。しかし、業界関係者の中には、中国人選手の参加資格に疑いの目を向ける人が少なくないという。



ボストンマラソンへの参加を申し込むためには、過去にフルマラソンで一定のタイムをクリアした証明が必要になる。基準タイムは年齢や性別に応じて変わる。2019年の男性の基準タイムは、18~34歳が3時間5分、35~39歳が3時間10分、40~44歳が3時間15分などとなっている。女性は、これにそれぞれ30分プラスした時間が基準タイムだった。



中国国内の大会で何度も優勝し、パリマラソンなどにも出場した王一平(ワン・イーピン)さんは、「ボストンマラソンに出場するための基準タイムは非常に厳しい。そのため、選手が成績を偽造するという事態がよく起きている。代走を頼むこともある」と明かした。



では、どのように偽造しているのか。記事は、関係者とみられるネットユーザーが最近、SNSで暴露した内容を紹介。同ユーザーは「数人のランナーからこっそり聞いた話。もし本当なら世界のマラソン界を揺るがす大スキャンダルだ」とした上で、「ある旅行会社がランナーとグルになってフルマラソンの成績証明書を偽造し、ボストンマラソンの大会組織委員会を欺いている。この手を使って19年の大会への申し込みを成功させたとみられる人は90人余り!すでに調査に動いている人がいるようだ」とつづっている。



中国之声の記者が旅行各社に電話で話を聞いたところ、そのうちの1社が「ランナーが成績証明書を準備しなくても、ボストンマラソンに出場させることを保証する」とし、費用は航空券代や宿泊費は別で5万元(約83万円)とのことだった。「スポンサー枠や特別枠なのか」と尋ねたところ、「違う。とにかくわれわれのところでは成績証明書は必要ない」と回答したという。



出場選手の成績を見ても疑わしいのは明らかだ。3時間35分の基準タイムをクリアしているはずの女性は、同大会で6時間11分13秒かかってゴールしていた。3時間5分の基準をクリアしているはずの男性のタイムは5時間26分42秒だった。こうしたケースは、決して少なくないという。



記事は、こうした不正と見られる状況が横行する理由について、「厳しい基準のわりに申し込みにかかる手続きが非常に簡単」と指摘した。成績証明書はデータをアップロードすればよく、画像加工ソフトで簡単に偽造ができてしまうという。



北京でスポーツコンサルタント会社の代表を務める張慶(ジャン・チン)氏は、こうした不正の防止策について「重要なのはブラックリストを作成すること。ルールを破るコストが非常に高く、代価を払わねばならないと認識させること。同時に、教育を強化し、ルールや試合でのマナーを尊重するといったことを含め、スポーツ文化を確立することだ」と指摘している。(翻訳・編集/北田)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

異例の栄誉!セクシードレスの台湾女優シア・...

2019年5月20日(現地時間)、開催中の第72回カンヌ国際映画祭で、 台湾の女優シア・ユーチャオ(夏于喬)が開催7日目の「最も美しい女性スター」に選ばれている。 20日、「ある視点」部門の出品作で、ミディー・ジー(趙徳胤)監督の台湾映画「Nin...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真