Sony

ニュース

ファン・ビンビンはライバル女優?チャン・ツィイーに驚きの質問、カンヌ映画祭でファンと交流

  • 2019年 05月25日 11時00分
  • 提供元:Record China
24日、このほど第72回カンヌ国際映画祭でマスタークラス(特別講義)を行った中国の女優チャン・ツィイーに、ファン・ビンビン、ヴィッキー・チャオといったライバル女優たちについて質問が投げかけられる一幕があった。

写真拡大

24日、このほど第72回カンヌ国際映画祭でマスタークラス(特別講義)を行った中国の女優チャン・ツィイーに、ファン・ビンビン、ヴィッキー・チャオといったライバル女優たちについて質問が投げかけられる一幕があった。

2019年5月24日、このほど第72回カンヌ国際映画祭でマスタークラス(特別講義)を行った中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)に、ファン・ビンビン(范冰冰)、ヴィッキー・チャオ(趙薇)といったライバル女優たちについて質問が投げかけられる一幕があった。



今年のカンヌ国際映画祭では、仏俳優アラン・ドロン、米俳優シルベスター・スタローン、デンマークの映画監督ニコラス・ウィンディング・レフンと並んで、チャン・ツィイーがマスタークラスの一員に。アジアの女優が選ばれるのはこれが初めてとなる。



ファンを前に、これまでの経験や自身の作品などを語るこのマスタークラス。チャン・ツィイーに対して司会者が、ファン・ビンビンやヴィッキー・チャオといった中国を代表する同世代女優の名前を挙げ、ライバルとして彼女たちへの考えを聞くという思い切った質問が飛ぶ場面も。



これに対しチャン・ツィイーは、「その質問は、あまり友好的と思えないわ」と笑顔を見せながらも、「今までに気にしたことがなく、私は自分の目の前にあることをやるしかないと思っている」と淡々と語っている。



正式にデビューして20年を迎えるが、海外で知られるようになったのは、アン・リー(李安)監督による2000年公開の「グリーン・デスティニー」がきっかけ。チャン・ツィイーはチャン・イーモウ(張芸謀)監督に見出されて主演した「初恋のきた道」でデビューしたが、「グリーン・デスティニー」で当初は候補の1人にすぎなかったものの、チャン監督の推薦が出演につながったことも明かしており、自分の人生を大きく変えた人として、チャン監督に対し感謝の言葉を口にしている。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

2022年のサッカーW杯は中国で開催!?期...

欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ前会長が身柄を拘束されたことを受け、中国では2022年のワールドカップ(W杯)への影響が注目を集めている。 プラティニ氏は18日、22年W杯カタール大会の招致に絡んだ収賄疑惑などで、フランス捜査当...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真